takuya hasegawa

長谷川 拓也

一級建築士/ [国土交通大臣登録 第300126号]

 

1968年 福島県生まれ
1994年 宇都宮大学建設学科建築学コース材料研究室卒業
     都市環境建築設計所勤務
2000年 長谷川拓也建築デザイン設立
    「いわきの家」設計コンペ準大賞
     いばらき地域適合型木造住宅コンペ「大きな屋根の家」大賞
     いばらき地域適合型木造住宅コンペ「海につづく家」入賞
2003年 宇都宮メディアーツ専門学校非常勤講師

from takuya hasegawa

 

長谷川拓也作品 長谷川拓也作品 長谷川拓也作品 長谷川拓也作品 長谷川拓也作品

 

描くように家を建てたい。いつもそう思って、さまざまな建物の設計を手がけてきました。
栃木は僕の第二のホームタウン。この街が大好きです。
そして、栃木は豊かな建築素材の産地でもあります。たとえば、日光杉や宇都宮の大谷石、葛生の漆喰など、
品質が良く、味わい深い表情を持つたくさんの素材が、さまざまなデザインをインスパイアしてくれる…
僕はそれらを積極的に使った家創りを提案したいと思っています。
それが、栃木ならでは、ひいては栃木のハウスブランド「互感/gokan」らしさを表現するひとつの要素だと考えるからです。
家創りは、その人の人生にかかわることであり、そして家族のありようを形づくることです。
「互感/gokan」においては、施主様の声に深く耳を澄まし、家を創ることの意味を、
喜びを長いスパンでともに考え、その家と家族の未来像を描いていきたいと願っています