建築の日本展


先日、友人と六本木森ビル内にある森美術館へ行ってきました。

お目当ては『建築の日本展』。
展覧会では、古代から現代までの日本建築特有の遺伝子を、多数の模型・図面・写真・映像から紐解いていきます。
まず、エントランスを抜けると、壁一面の木組みのモニュメントが。
2015年のミラノ国際博覧会日本館に使用されたものの復元とのこと。
妙喜庵にある国宝、日本最古の茶室、「待庵」の復元模型もあり、実際に茶室内に入ることができます。
楽しすぎて時間を忘れ、気づくと4時間弱、館内で散策。
腕時計の存在をすっかり忘れるほど面白い展示ばかりでした。

9/17まで行われておりますので皆様もぜひ。
模型では無く、実物を見に行きたくなります!

**菊地**